2008年ウォーターサーバーの旅

2008年水の旅

水と地球

水と人との密接な関係

水道水

変化する体内の水の量



 

水の旅

変化する体内の水の量

安心のピュアウォーター

生まれたばかりの赤ちゃんは消化や吸収の力が弱く、排泄機能もまだまだ未熟です。
そのため、硬水などミネラル成分が豊富に含まれているものを飲ませると赤ちゃんの臓器に負担をかけてしまう可能性があります。

ミルクや離乳食をあげる際には、ミネラルの少ない軟水やミネラル成分がほとんど含まれていないピュアウォーターを飲ませてあげるのが適切であると言われてます。
ピュアウォーターには不純物が含まれていないので、抵抗力の弱い赤ちゃんにでも安心して飲ませてあげることができます。

粉ミルクの中には赤ちゃんの身体を考えたミネラルバランスで計算されてあるため、ミネラルを含む水を使うと、ミネラルの取りすぎになってしまう可能性もあります。
このように、栄養バランスを考えた上でも、ピュアウォーターは赤ちゃんの健康にとって最も安心して飲ませてあげられる水です。

年齢や性別、体系によって変わる水の量

老化とは体内の水分を失っていく過程とも考えられるのではないかと思います。
新生児は体重の約80%が水分であり、それが成人になるとおよそ60%になります、老人になると50%を割る人もいるくらいです。
これは細胞の中の水分量が減ってきていることを表していて、そのために皮膚も収縮し、しわとなって体表に現れるのです。
また、成人の中でも体内の脂肪の割合が多い人は、当然その分、水分量の割合が少なくなります。数値にしてみると、水分量が50%以下になることもあります。

一般的に女性の方が男性よりも脂肪の量が多いため、体内の水分の量は男性よりも女性の方が少ない傾向にあります。
「しょっちゅう水分をとっているから太っている」と思われている人がいますが、注意してみると飲んでいるものが清涼飲料水などの、糖分の多いものではないでしょうか?
水分をとるから太るのではなく、糖分をたくさん摂取しているために太るのです。
意識して「水」を飲み、体内の水分量を高くすることで、老化防止や体脂肪の減少につながる事でしょう。

生理活動と水の密接な関係

成人の身体の水分の割合が約60%なのに対して、新生児の身体の水分の割合は約80%と非常に高いです。
これは、成長期の子供は盛んな生理活動を行うため、多量の水分が必要となるからなのです。
特に新生児は一日24時間の約65〜80%の睡眠をとるため、その分汗をかく量も多く、また消化吸収力がまだ弱いため、おしっこやうんちの回数も頻繁になります。
生後二ヶ月くらいまでは義務活動や余暇活動はほとんどなく、睡眠や授乳、排泄、呼吸などの生理活動の繰り返しになります。
新生児は激しい運動などはしないものの、失われる水分は多いため、新生児には一日に何度も授乳をしてたくさんの水分を取らせるようにします。

このことから分かるように、人が一日に失う水分量は生理活動によるものがほとんどを占める言えます。
成人でも休日など、一日家でゴロゴロしているだけでも、身体の水分は失われているので、常にしっかりとした水分補給することを忘れないようにしましょう。

check

ページTOPへ↑

 

All Rights Reserved Copyright (C) 2008年 水の旅